--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来日作家について

2008年09月05日 11:20

確定までもう少し時間がかかります


ここ数日の間に、ホピとズニの作家から色々と連絡がありました。

2008年度の来日作家予定者の人数は8人です、と先日お知らせしました。

人数について変更が出るかも知れません。


国境を越えて日本に来るということは、まずパスポートの申請・取得が必要となります。

さらに、基本的に団体行動なので全員で同じ便での空港着が望ましい。

航空券を予約・購入する際には、パスポート番号の提示が欠かせません。これは日本でもアメリカでも同様です。

まだパスポートの申請を終えていない作家が3名いるのです。。。


人数の変更の可能性については他にも要因があります。

渡航費用です。

Annual HOPI & ZUNI Artist Show in JAPANは今年から協賛の形式を取り入れますが、基本的には作家の自腹による出費で成り立っています。

保留地や近郊都市での不況の状況で、ジュエリー作家の作品販売が滞っているという現状があります。

生業としてのジュエリー制作が成り立たなくなりつつあるのです。

昨今、ジュエリー制作を(一時的にも)辞めて、固定の職に就くことを希望する作家は少数ではありません。

来日予定作家の中にもそうした事情を抱える者がおります。

すぐに就職するか、経費のかかるホピ・ズニ作家展後に就職するか悩んでいるのです。


これらの理由により、参加の意志を強く表している作家も航空券を購入するまでは、確実に参加すると言い切れなくなってきました。

パスポート申請・取得と航空券予約・購入の期限はぎりぎりでも9月末。

個々の作家も様々な事情を抱えているので、この点をご了承していただければ幸いです。


不況による収入の減少を抑えるためにも、フェアトレードのようなシステムを構造的に発展させていきたいと思っています。

そうしないと薄利多売により、彼らの日常生活の水準も制作意欲も落ち込んでしまうと思っているからです。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/179-b175d30f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。