--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委託作品 Gerald Lomaventema 2008-015

2008年10月04日 05:41

委託作品2008-015 Gerald Lomaventema
(Consignment from Gerald Lomaventema)
委託作品2008-015 Gerald Lomaventema



委託作品 Gerald Lomaventema 2008-015

作家名: Gerald Lomaventema(Hopi)
作品タイトル: "Koyemsi "Sweet corn Mudhead""
形状: Pendant
素材: スターリングシルバー(銀純度92.5%)
制作技法: トゥファキャスト、セットストーン
デザイン: ブロードフェイス・カチーナ

制作年度: 2008年8月27日

本体サイズ: 重量13.0g/縦4.18cm/横3.39cm/厚さ1.61-5.60mm/トルコ石部分縦×横 5.25mm×15.5mm(鉱脈不明)

付属品: 作家直筆「真正性保証カード」

*****************************************************************

作品へのコメント

 ホピのジュエリー作家ジェロ・ロマヴェンテマさんが制作した、トゥファキャスト技法による銀製のペンダント。

 「コーヤムシ『スウィート・コーン・マッドヘッド』」と題されたこの作品は、ホピの様々な儀礼に登場するマッドヘッドの頸部から上が描かれています。首の部分の、通常スカーフを巻く所は、青色の発色がきれいなトルコ石があてられています。

 この作品で最も目を見張るのは、トゥファの「掘りの深さ」ではないでしょうか?一般的にトゥファは石灰岩を彫刻刀で削り、そこにドロドロに溶かした銀を流し込んで成型します。この作品では、単にマッドヘッドの頭部のデザインを起こしたわけではなく、目の部分の立体感を出すために、「掘りの深さ」を加減しながら制作していった様子が分かります。

 日本やアメリカの販売店では、どうしても目に付きやすいデザイン部分のみが解説の対象となりますが、この作品のように作品制作における作家の努力や技能の駆使、経験の高さという点も評価すべきではないか、というのが私の思いです。

 使用されているトルコ石については、産地は不明だそうです。アリゾナ州のプレスコットのディーラーから購入した、アメリカ産のナチュラルのものであることは確かだそうです。(個人的にはブルージェムではないかと思います)
 
*****************************************************************
問い合わせはこちらからどうぞ

この作品のヤフー・オークションでの出品状況を確認する

******************************************************************


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/236-fabebf3b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。