--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都銀展に向けて

2008年11月12日 17:48



月曜日の夜に「さいたま展」が終了し、息つく暇もなく「京都展」の準備に追われています。

京都展の会場は、50畳あります。

その会場を有効活用するため、ホピの二人の作家から提案が出ました。


「イトーの個人コレクションのジュエリーを全部持っていこう」


正確な個数は数えたことがありませんが、数百個位はあるのではないでしょうか?

全部持っていくのは・・・、という不安もあり、現在出品用の作品の選定を行っています。


京都展では、作家が持参する作品の他に、

 日本画家4人の作品

 CIAC会長のトニー・エリアッチョ・ジュニアが米国から持参した「ニセモノ」と「ホンモノ」のジュエリー

 CAICの「Foreign Marketing Adviser」であるイトウが収集してきた「ニセモノ」と「ホンモノ」のジュエリー

 イトウの個人コレクションの、ジュエリー、テキスタイル、籠、絵画、カチーナ人形、木工品などの一部

 今年度のホピ・ズニの全作品画像のスライドショー(※プロジェクターの接続の可否による)


 などで会場を彩る予定です。 (もちろん、私のコレクションは非売品です。)

 選定、梱包、発送・・・頑張ります。



 なお、50畳の会場は、板間で、ガラス張りです。 大正期の建造物です。 非常に寒いです。

 会場には暖房設備としてヒーター x 2 と火鉢が用意されます。

 しかし、陳列する日本画のケアのため、そうした器具は使用しないかも知れません。

 寒さ対策は各自でお願いいたします。厚めの靴下や膝掛けなどあった方が良いと思います。


コメント

  1. 管理人 | URL | -

    皆様、お疲れ様でした。

    おかげ様で、第二回ホピ・ズニ作家展は無事に終了致しました。

    直前に二名の来日キャンセルがありましたが、残りの四名で力をあわせて会期を乗りきる事ができました。

    私たちはまだ京都です。今晩埼玉に向けて出発します。


    私は昨晩とうとう倒れました。咳は出るのに、声が出ません。。。

  2. manatee | URL | -

    Re: 京都銀展に向けて

    15日の京都展におじゃまして、ターコイズの熊のフィティッシュを
    購入させて頂きました♪

    女性スタッフの方に通訳して頂いて、HOPIのSilverSmithから製作の仕方を直接聞けたことは、
    彫金をする身にとって貴重な経験でした。
    ありがとうございました。

    また、京都で開いて下さる事を期待しています。
    お疲れさまでした。

    近々ブログで15日のレポートをアップするつもりです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/265-1cd49a4c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。