--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本滞在5日目(11/08/2008) さいたま展:初日

2009年01月08日 22:58



いよいよ第2回ホピ・ズニ作家展、さいたま展の初日を迎えました。
朝の9時にホテルを出て、会場に出発です。


2008 11 08 061
ズニの正装(儀礼時などに着る伝統的衣装)に身を包んだ、エリアッチョ夫妻。


2008 11 08 009
午前11:00のオープニングは、ホピのジェロ・ロマヴェンテマさんによる、ホピのソーシャル・ダンスの詩歌の詠唱で幕が開けました。


2008 11 08 014
開場前から集まっていた来場者もおり、オープニングの時には既に会場はにぎわっていました。


2008 11 08 022
今年のテーマの一つは、「ニセモノに対する技術の披露」。
昨年もデモンストレーションは実施しましたが、一日当たりの回数を大幅に増やしました。
デモンストレーションの準備をする、アーヴィン・テイラーさん。


2008 11 08 030


2008 11 08 034
普段はラフなかっこうをしていますが、この日は正装で技術の披露。


2008 11 08 049
15-20分位で、デザインを起こした銀板を糸鋸で切り出しました。


2008 11 08 023
ジェロ・ロマヴェンテマさんの担当は、詩歌の詠唱と(結局一度しかしていません)、ジュエリー制作の過程の説明です。
アーヴィンがカッティングの技術を披露した一方で、ジェロは制作途中の自分の作品を例にして、その後の接合や硫化、テクスチャー加工といった過程の説明を丁寧に行っていました。


2008 11 08 024


2008 11 08 025


2008 11 08 026
成型する以前のブレスレットや、テクスチャー加工が入る前のペンダント。  こうした完成以前のジュエリーの状態を直に見るのは非常に稀な機会です。


2008 11 08 085
閉場は午後7:00 昨年同様、あっという間の初日でした。


2008 11 08 087
私物。
「日本でアートショーを開催しよう」という話がもちあがった2006年末に、ジェロから購入したトゥファのペンダント(へび)と、オラのインレイのペンダント。
一本のチェーンに通しています。ホピ・ズニ作家展の象徴だと思っています。



さいたま展の初日には、「協力団体」の
MUD HEAD HOUSE (オンライン・ショップ)さん、HUMMING BIRD (福島県いわき市/オンライン)さん、Katsin' Manas LA(オンライン・ショップ)さんと、Katsin' Manas Tokyo(オンライン・ショップ)さん、KOKOPELLI Kachina Doll (オンライン・ショップ)さんがお手伝いに来てくれました。
ありがとうございました。



協賛・協力団体

MUD HEAD HOUSE (オンライン・ショップ)
HUMMING BIRD (福島県いわき市/オンライン)
M's Collection SunDance (本店:愛知県名古屋市/オンライン)
インディアンハウス (オンライン・ショップ)
リマークス (オンライン・ショップ)
インディアンジュエリーViamour (オンライン・ショップ)
PURE DOLL (広島県福山市/オンライン)
KOKOPELLI Kachina Doll (オンライン・ショップ)
Katsin' Manas LA (オンライン・ショップ)
Katsin' Manas Tokyo (オンライン・ショップ)
BRONCO (東京都足立区/オンライン)
DUKE (東京都世田谷区/オンライン)
Blue Sky Trading (福島県福島市/オンライン)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/278-f2289374
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。