--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本滞在11日目(11/14/2008)

2009年02月01日 11:36



2008 11 14 002
早朝6時前、JR京都駅に到着。
さすがに疲れました。
荷物が多いため、食事はせずに宿に向かいます。ご飯は身軽になってから。


2008 11 14 003
皆、お疲れの様子。


2008 11 14 010
今回の乗車が、日本で最後の電車・地下鉄の利用となりました。


2008 11 14 015
地下鉄からバスに乗り換え。


2008 11 14 024
ローカルバスに乗るのは今回が初めての経験。


2008 11 14 028
宿に荷物を預けるも、チェックインは午後3時。
それまで7時間くらいをどうやって費やすかが問題です。
宿の近くの食事処はまだ開いていないので、10分ほど歩いて牛丼のチェーン店に。


2008 11 14 029
「朝ご飯は普通、スクランブルエッグとトースト、コーヒーだろう…」とぼやくジェロ。
首の毛をいじるときは、大抵イライラのサインです。


2008 11 14 035
登校(登園)途中の子どもたちを見て、なごむ。


2008 11 14 040
天気は良く、紅葉も見頃を迎えつつ、とても綺麗でした。


2008 11 14 041
「事故??」
本屋さんのオブジェでした。


2008 11 14 044
その後、宿の近くの喫茶店に入り、コーヒー。
明日以降は日中、近所を回れないのでこの日に簡単な観光。
あと、4時間時間を潰さなくてはなりません。
京都展会場の橋本関雪記念館前にて。


2008 11 14 048
「リキシャーー!!」
睡眠不足か疲労か、みんな変なテンションになってました。


2008 11 14 050
みなで記念撮影。
慈照寺(銀閣)の参道です。


2008 11 14 054
「似合う?」
ジェロは日頃からキャップ好きです。ご購入。


2008 11 14 060
「息子、娘、息子嫁、孫、母、兄弟姉妹、その配偶者、娘の彼氏、娘の彼氏の母…」
オラは何度も何度も指を折ってお土産が必要な人数を数えていました。
日本までの往復航空券、ギャラリー代、国内交通費、ホテル代、食費、お土産代、日本でアートショーをするといっても、かなり金銭的な負担はあります。


2008 11 14 063
「早くお寺に行こうよー」とトニー。


2008 11 14 071
いよいよ銀閣へ。


2008 11 14 075
一つ前の写真の角を右に曲がると異空間。


2008 11 14 074
「おー、すごーい!」
ここからは皆さんカメラから手が放れません。


2008 11 14 079

2008 11 14 083
向月台も敷き詰められている白砂もお見事。


2008 11 14 086
ただし、銀閣自体は、数ヶ月間の修復中でした。


2008 11 14 100

2008 11 14 096
明日からは日本画家とコラボレーション展示をします。


2008 11 14 106
庭も紅葉も池も、ジャパン


2008 11 14 119
まむしに注意


2008 11 14 121
裏の小山を登っていきます


2008 11 14 123
神々しい雰囲気に包まれます。


2008 11 14 125
こうした泉には、特に興味をもっていました。


2008 11 14 141
頂からの眺め。


2008 11 14 127
紅葉もピークを迎えつつある樹木もかなりありました。
ただし、紅葉自体にはホピもズニもあまり興味がない様子でした。


2008 11 14 146

2008 11 14 147
電車に乗る彼らも、寿司を食べる彼らも珍しいですが、緑の木々の間にたたずむかれらもまた珍しい光景でした。


2008 11 14 156
5人で写っている写真は殆どありません。。。


2008 11 14 167
慈照寺、結構満喫できたと思います。


2008 11 14 172
慈照寺脇の「八神社」にも足を運びました。


2008 11 14 176

2008 11 14 178
神社で気づいたことがありました。
虫の声や鳥のさえずりなどが聞こえてきたのです。
さっきの慈照寺ではそれらはほとんど聞こえませんでした。
訪れる人の数とも関係しているかも知れません。
「俺たちはこっちの方が良いなぁ」とジェロとアーヴィン。


2008 11 14 180
いよいよ最後の目的地、明日の会場となる「橋本関雪記念館」の下見。


2008 11 14 181
ちょっと一休み。


2008 11 14 182
垣根を越えるだけで、外の世界とは異なる時間が流れていました。


2008 11 14 187

2008 11 14 189
「そうかぁ、明日はここでやるのか。すごいね。でも、今日は疲れたなぁ。お腹空いたし。。。」


2008 11 14 190
「あ、黄色い魚がいる!」


2008 11 14 191

2008 11 14 193
「本当だ!写真、写真」


ここを出たのが午後2時。
お腹が空いていたので、バスに乗ってマクドナルドで昼食。
3時にホテルに戻りチェックイン。
私は一時間ほど休んでから、宿に郵送されていた日本画と荷物を会場に搬入。
午後8時頃、関東からお手伝いに来てくれた友人たちと夕食。
作家たちはそれぞれ自由行動でした。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/284-b0804f92
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。