--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アービン・テイラー (Alvin Tayor)

2011年10月23日 17:05

ホールマーク(落款)

作家情報



☆クラン:Sun(母方) Bear Strap(父方)
☆生年月日:1959/05/14-
☆作家活動:ca.1987-
☆制作分野:ジュエリー、カチーナ人形
☆居住地:Winslow
☆受賞歴:カチーナ人形での受賞多数

☆自己紹介:Self-Introduction:

「アービン・テイラーです。アリゾナ州北部のションゴパヴィ村落で生まれ育ちました。ここ数年はホピ保留地近郊のウィンズローに住んでいましたが、つい最近、ホピ保留地に戻りました。ジュエリー制作は20年ほど行っています。制作技術の多くは独学で修得し、数年前には、宝飾加工のクラスを受講しました。現在は、ジュエリーに宝飾加工技術も取り入れています。これまでアリゾナ州、ニューメキシコ州、コロラド州、テキサス州、カリフォルニア州などのアートショーに参加してきましたが、近年は3つのアートショーのみ参加しています。一つは7月のアリゾナ州のプレスコット。そして2月のアリゾナ州ツーソン。三つ目がホピ・ズニ作家展です。最近では制作した作品のほとんどが日本で流通するようになってきました。日本を再訪したい気持ちでいっぱいです。日本人は親切で、日本文化は私たちの文化とは異なっていて、とても興味深いです。」

My name is Alvin Taylor. I was born and raised in the village of Shungopavi in Northern Arizona. I was living in Winslow for over years and have recently moved back to the Hopi Reservation. I have been making jewelry for over twenty years. I am self-taught in most of my jewelry making. A few years ago, I took a class in lapidary, so I now in corporate lapidary work into my jewelry. I have been doing shows in Arizona, New Mexico, Colorado, Texas and California, but recently I have been doing only three shows a year. Prescott in July and Tucson in February and also the Annual HOPI & ZUNI Artist Show in JAPAN. Most of the jewelry I make now goes to Japan. I am very eager to come back to Japan. The people are very nice and the culture is very different and interesting.


☆作家の著作権や偽装問題について:About Copyright

「著作権保護はとても重要だと思います。なぜなら、ジュエリーをはじめとする多くの米国先住民アートが模倣され、大量生産されているからです。個人的にはホピのカチーナ人形やジュエリーがコピーされ、大量生産されていることを知っています。このような模倣や工場生産では、作品に作家が付与した意味が失われるように思います。作家が制作するときの想いまでも模倣することができないからです。模倣品により、作家やその家族の経済的な恩恵も損なわれているように思います。」

I think copyright protection is very important because of a lot of Native American items such as jewelry are being copied and mass produced. I personally have seen many of the Hopi Kachina Dolls and Hopi jewelry being copied and massed produced. This takes away from the meaning of the designs because some items are copied and not really done the right way. It also takes away from the artists and the artists’ family’s pockets.

(2011 Hopi&Zuni Artist Survey)


*******************************************************************

☆お付き合いを通した作家紹介

 温厚な性格のアーヴィン・テイラーさんの自宅に訪れたのは2007年の年始のことでした。彼の家で数名のホピの作家と色々なことついて語り合いました。その時の様子はホピ作家の一名がビデオに撮っていましたが、私はまだそれを受け取っていません。

 彼の制作する作品は、カットが細かく、鏨の打ち方が精確で、そして研磨段階ではジュエリーを身につけた際に傷ができないよう細心の注意を払ってとても滑らかな仕上げをすることで知られています。実際に彼の作品を身につけると、その滑らかさから、金属を身につけていることをしばし忘れさせられます。
 
*******************************************************************

Alvin Taylor 作品一覧

委託作品2007-001 Alvin Taylor
委託作品2007-001 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-002 Alvin Taylor
委託作品2007-002 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-003 Alvin Taylor
委託作品2007-003 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-004 Alvin Taylor
委託作品2007-004 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-005 Alvin Taylor
委託作品2007-005 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-006 Alvin Taylor
委託作品2007-006 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-007 Alvin Taylor
委託作品2007-007 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-008 Alvin Taylor
委託作品2007-008 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-009 Alvin Taylor
委託作品2007-009 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-010 Alvin Taylor
委託作品2007-010 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-011 Alvin Taylor
委託作品2007-011 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-012 Alvin Taylor
委託作品2007-012 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-013 Alvin Taylor
委託作品2007-013 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-014 Alvin Taylor
委託作品2007-014 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-015 Alvin Taylor
委託作品2007-015 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-016 Alvin Taylor
委託作品2007-016 Alvin Taylor委託期間終了


委託作品2007-017 Alvin Taylor
委託作品2007-017 Alvin Taylor委託期間終了


*******************************************************************




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/33-fec93a05
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。