--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japan-Hopi Meeting

2010年04月09日 03:31

日本時間4月08日(木)、ホピの代表者と会議を開催しました


第4回ホピ・ズニ作家展に関する会議をホピの代表団と開きました。

一時間三〇分の会議には、ジェロとアーヴィンが参加。

本年度のホピ・ズニ作家展の企画や運営に関する意見を交換し、ホピでのサポート体制についての情報提供がありました。

ホピでは昨年末から数回に渡り、アーティストと自治政府(ホピ政府)の間で意見交換会が開かれており、つい先日には第二メサの村落を中心に新たなアーティスト自助組織が設立されました。

「ホピ・アーティサン・ギルド」という名称の新しい組織の設立目的は、アーティスト間の相互扶助、情報共有、若手アーティストの技術指導・プロモーション協力などです。

この新組織とホピ・ズニ作家展とは直接的な結びつきはありません。

ただ、ホピ・ズニ作家展が何らかのかたちで設立の背景になったことは確かです。

昨日の会議では、今後、いくつかの方法でこの組織と協力していくことが会議の議題となり、その旨決まりました。

ホピ・アーティサン・ギルドの代表を務めるシドニー・サネーヤさんも今年の第4回ホピ・ズニ作家展への参加を表明しています。

なお、現時点でのホピの来日作家予定者は8名(もしくは9名)。

ちなみにズニについては現状で6名のアーティストが来日を希望しています。詳細は来週火曜日に予定している、ズニの代表者との会議後に報告します。



作家自身が経験を積んできたこと、開催地が固定化したこと、協力者や団体が拡大してきたこと、皆さんとの温かい相互交流の結果などにより、現地コミュニティの間での認知度や関心が高まっています。

土台作り、企画、交渉、準備全般と、私もがんばっていきたいと思います。


コメント

  1. まどか | URL | .y4oDXHE

    No title

    着々と、ですね。頑張ってください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/362-e37d546a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。