--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルドレッド・マルティネス (Eldred Martinez)

2011年10月23日 16:41

*******************************************************************

作家情報

Eldred w

☆クラン:ワシ(母方) 樺の木(父方)
☆生年月日:1956年12月28日
☆作家活動:1996年から
☆制作分野:
  ジュエリー
☆居住地: Zuni
☆受賞歴:
    2011 Gallup Intertribal Ceremonial (Blue Ribbon- Inlay Butterfly Necklace Set)

(ホピ・ズニ作家展 Artist Survey: 2011)

*******************************************************************
☆自己紹介:Self-Introduction:

 「古いズニの伝統的なデザインを活用することが好きです。デザイナーの名前は分からないものの、そうした古いものに新しい息吹を与えてあげたいのです。古いデザインは、その外見からは想像できないくらいに制作に手間がかかります。古いものの複製ばかりでなく、自分のオリジナルも制作しています。例えば、バタフライメイデンだったり、ロングホーン・コッコのペンダントやボロタイだったりします。
実際に日本に行って自分の作品をご紹介できれば、それに越したことはありません。そうはいかないまでも、今年の『ホピ・ズニ作家展』で展示してもらえることはとてもありがたく思います。気に入った作品があれば、それを購入して頂いても良いですし、連絡先を付しておきますのでオーダーをして下さっても結構です。
ジュエリー制作を始める前は、道路工事に従事していました。ですがその仕事は不定期なので、冬場の生計を支える仕事を探していました。父のジョセフから銀細工の基礎を学び、母のアビーから象眼技法を学びました。野生動物やカチーナのデザインを得意とする、オジのボフェリオからも制作上の影響を受けています。職業として宝飾品制作を始めたときには、すでにたくさんのアイデアが頭の中にあったわけです。」

 I like to create and share older traditional Zuni designs because we often do not know who the makers were and I like the challenge of re- creating those designs. The older designs are harder to make than what it looks like. I also do my own version of those designs like my Butterfly Maidens and my Longhorn pin pendants or bolo ties.
If the opportunity to have me come to Japan to show my works I would be interested in coming. But until that happens I am glad to show my works to the people of Japan at this Hopi –Zuni Artist Show. If you are interested in my work you have my contact information and let me know ahead of time so I can create something for you.
Before I started making Jewelry I was working in Road Construction. Road Construction is a seasonal occupation so I needed to find a way to make a living during the winter time.
 So as I was growing up I learned the basic silversmithing techniques from my father Joseph Martinez. Then I learned the inlay techniques from my mother Abbie Martinez. I was also inspired by my uncle Bofelio Sheka. He made inlay jewelry of wildlife and kachinas. So when I started working on jewelry. I had a lot of ideas in mind of things I would like to make.


☆作家の著作権や偽装問題について:About Copyright
 「制作は手間もかかる大変な作業です。他人が自分の作品を模倣することは、自分の評価を下げかねません。私が手がける古いズニのデザインは、ズニの伝統の一部であり、私たちズニの文化の一部です。そうしたものが非ズニの模倣から保護されるべきだと思っています。」

 I work hard on the things I make and when other people start copying it affects the value of my work. In the older designs that I make it is part of our Zuni traditions and is part of our culture and should be protected.


☆第5回ホピ・ズニ作家展に向けて:
 「『ホピ・ズニ作家展』のことを知った今、私は自分の作品を日本のこのイベントで展示して日本の皆さまにご紹介できることを誇りに思います。また、他国の市場動向を調査するCIACのような団体を、米国先住民のアーティスト自身が運営していることも嬉しく思います。
 『ホピ・ズニ作家展』が末永く継続することを願います。ホピやズニのアーティストが自分たちの作品を米国外で直接展示できる機会を確保することが出来るからです。」

 Now that I know about the Hopi - Zuni Artist Show in Japan I am honored to show what I create and am offering to the people of Japan. I am glad that there are Native American Artists organizations such as CIAC who are willing to help our Zuni Artists learn about marketing opportunities in other countries.
 I hope that this will continue so more Hopi and Zuni artists can take advantage of the opportunity to show their works of art.


*******************************************************************

IMG_0943w w

IMG_0945w w


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/420-a81e107a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。