--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トニー&オラ・エリアチョ(Tony&Ola Eriacho)

2011年10月23日 16:56

ホールマーク(落款)
hallmark olaw
(Courtesy of Tony&Ola Eriacho)
******************************************************************

作家情報

TonyOla w

Tony Eriacho, Jr.

☆クラン:One who walk around(母方) Parrot(父方)
☆生年月日:1955/07/01-
☆作家活動:ca.1976-
☆制作分野:ジュエリー
☆居住地:Zuni
☆受賞歴:受賞多数

☆自己紹介:Self-Introduction:

「ナヴァホの徘徊クラン(母方)とズニのオウムクラン(父方)に属しています。生涯にわたって多くの作品を手がけてきました。そして作品制作は人生の中で最も楽しいものです。ただし、世界中のアーティストが(模倣・偽装問題で)損害を受けていることも耳にしてきました。消費者の恩恵を保護するためにも、(模倣・偽装問題に関する)教育が重要だと思っています。私はこの日本で開催するアートショーが末永く継続していくことを望んでいます。そうすれば私たち米国先住民の美しいアートを正しく理解できるからです。」

I am One who walks around Clan(mother/Navajo) child of the Parrot Clan(father/Zuni). I have done many things in my life and this is the most enjoyable. I have learned a lot about the amount of harm that is being done to artist all over the world. I feel that education is a very important part of what is missing for the benefit of customers worldwide. I hope to continue this effort so we all can appreciate the beauty of artist creations in Native American Arts and Crafts.


☆作家の著作権や偽装問題について:About Copyright

「目に見える差異を理解できなければ、作家は作品を流用されてしまいます。作品を制作するアーティストにとって著作権は重要なのです。」

Everyone is being taken advantage of if they do not know the difference in what they are looking at. So copyright is important to the artists who are being taken advantage of.


☆第4回ホピ・ズニ作家展を振り返って:

「2010年、私たちは日本にくらす人々の心の美しさに接することが出来ました。みなさんはとても素敵な人々です。『すみだの手しごと 作品展』に参加されていたアーティストたちと会場を共有できたのもすばらしい経験でした。運営を手伝ってくれている販売店の関係者には観光地に連れて行ってもらいました。建築中の東京スカイツリーを目にすることが出来たのも良い思い出です。宿泊先と会場が徒歩圏だったことも嬉しかったです。こうした環境を手配して下さった販売店の努力に感激いたしました。電車が定刻通りに動くことを見たり、何千台もの自転車が行き来していることを見たりすることは、私にとっては一種の観光でした。今年も訪日できることを楽しみにしています。ありがとうございました。」

In 2010 we were able to see the beauty of the people and the country of Japan. What beautiful people they are. The attending Japanese artist at the show was nice to experience. We were able to have some of the business supporters show us the sights in Japan. It was also interesting to see the new Tokyo Sky Tree being constructed. It is within walking distance of the show. The joining of Japanese businesses to make this happen was impressive. To also see the way the Japanese move from one place to another was interesting. The way the trains run on time and the thousands of bicycles was a sight to see. Thank you for the experience to return to Japan for the next year. Thank You,


☆第5回ホピ・ズニ作家展に向けて:

「キシェー
ズニに暮らす人々とズニのアーティストを代表し、第5回ホピ・ズニ作家展を企画・実現してくれたイトウアツノリさんや協力団体に感謝の意をささげたいと思います。皆様の尽力によって、この年に一度のイベントが維持されているのです。この事実に私たちズニは本当に感謝しています。
日本国内で、米国先住民製のホンモノのアートを取り扱う販売店が多く存在することを知れたことはすばらしいことです。
ズニのアーティストを代表して訪日できることを誇りに思います。ズニの人々が手がけるアート作品のプロモーション活動を援助することはとても重要です。日本の皆様に米国先住民製のホンモノとニセモノの存在を知ってもらうこともまた、とても重要なことであります。近年の世界規模の市場の動向から学ぶことはたくさんあります。直接自分の目で日本という異文化の美や創造性を感じることが出来るのは喜びでもあります。是非会場にお越し頂き、私たちの活動をサポートして下さい。
今年日本では多くの災害が生じました。私たちアーティストは、みなさまが健やかに日常をおくれることを望んでいます。日本が一刻も早く復興することを心よりお祈りいたします。」

Keshi - Greetings:
On behalf of the Pueblo of Zuni and all of its artists I would like to thank the Japanese Show coordinator Atsunori Ito and the show supporters of our 5th Annual Hopi –Zuni Artists Show. You have all worked hard to make this a yearly event, and we appreciate this very greatly.
It is good to see that there are businesses even in Japan that agree on the Authenticity of Native American Made Arts and Crafts.
I am honored to come to Japan to represent the artists in our Zuni Community. Helping to promote the art of the Zuni people is a very important issue. By also educating the people of Japan the importance of buying Authentic Native American Arts and Crafts is important. In the current world market there is a lot to learn on how things work. So by coming to Japan and seeing firsthand the beauty and creativity of a different culture is very pleasing. We hope that the people of Japan will once more come to help show us your support.
We as artists also hope that all will be well with the people that were affected by the various mishaps that have happened in Japan. We pray for your speedy recovery. Thank You,


Ola Eriacho

☆クラン:Sun(母方) Corn(父方)
☆生年月日:1949/05/29-
☆作家活動:ca.1974-
☆制作分野:ジュエリー
☆居住地:Zuni
☆受賞歴:受賞多数

☆自己紹介:Self-Introduction:

 「私はズニの太陽クランとトウモロコシクランに属しています。私の人生は、家族を養うためのインレイ(象眼)制作の日々といっても過言ではありません。その技術は独学で修得し、自分の子どもたちに家で技術を教えています。夫のトニーと会うまで、私は故郷のズニを離れることがほとんどありませんでした。彼と結婚してからは、米国先住民アートショーに参加するために幾度となく東海岸の都市を訪れています。」

 I am Sun Clan (mother/Zuni) child of the Corn Clan(father/Zuni) from Zuni Pueblo. I have worked all my life to provide for my family by doing Inlay jewelry. I am a self-taught silversmith and have also taught my children how to make jewelry. I never did much traveling away from Zuni Pueblo until I meet Tony; I was always a home body. Since I got married to Tony I have been to the east coast numerous times to do Native Art Shows and meet customers.


☆作家の著作権や偽装問題について:About Copyright

 「グローバルな規模で展開する経済において、ある人の作品や創造物が他人によって流用されることがしばしばです。私は自分の作品に用いるデザインを一生懸命考えて使っています。ですから他人に無断で流用されることは不正なことだと思っています。作品には多くの想いや、自分自身の人生を反映させているのです。」

 In this global economy there is always someone willing to take advantage of someone else’s work and creativity. I work hard to come up with my designs and I feel it is not right to have someone steal my ideas. I put a lot of thought and sometimes a part of myself in my work.


☆第5回ホピ・ズニ作家展に向けて:

 「日本のご友人の皆さま、こんにちは。
今年、東京に行けないことをとても残念に思います。お友達になって下さった全ての方々にお会いしたかったです。それでも夫のトニーが私に代わって訪日することを嬉しく思います。
今年に入って連絡を取り続けて頂いたご友人に感謝いたします。日本をおそった大災害の中で皆さまがたくましく過ごすことが出来るようにお祈りしていました。状況が良くなることを私たち全てのズニはお祈りしています。
私は引き続きジュエリー制作をしていますが、米国では販売状況がよくありません。人は景気は良くなるよ、と言いますが、まだそれを実感できません。購入して下さる方々に、事前にお礼申し上げます。訪日する全ての作家が成功裏を収めるショーになることを願います。また来年お会いできることを期待していますね。
日本から訪れる友人のみなさん、いつでも拙宅におこし下さい。歓迎しますよ。どうもありがとうございます。それでは。」

 Keshi - To all my Japanese friends.
I’m so sad I couldn’t make it to Tokyo this year. I wanted to go and meet up with all the people I’ve made friends with. But I am glad that Tony is going to represent me and my work.
 I’m grateful for all our friends that have kept in touch with us through the years. We’re happy that all of you are doing well after the tragic times in Japan and that you are all in our prayers. We all pray things will get better for us all.
 I continue to work on my jewelry but times have been hard. The jewelry business has been slow in the US. They say it will get better but I haven’t seen it yet.
 I just want to say Thank You in advance for your business. Here’s wishing all of the attending artist’s a very successful show. Hopefully I’ll see everyone again next year.
 Our home is always open to our friends from Japan.
 Again Thank You,
 DeLa-aba
So long


*******************************************************************

☆お付き合いを通した作家紹介

 いつも笑顔で優しい二人はとても仲のよい夫婦です。そんな彼らに初めて会ったのは、2005年末のアートショー会場でした。ワシントンDCの国立アメリカ・インディアン博物館(スミソニアン)をはじめ全米各地の博物館やアートショー会場で「フェイク」問題の展示を行い、消費者教育に取り組んでいるトニーは、私と初めて出会ったときも、展示ブースで一生懸命フェイクと本物の区別を説明していました。

 トニーはトラック運転手、道路工事現場労働者、ウラニウム鉱山労働者という職種を経た後、ジュエリー作家、ディーラー、そして消費者教育のNGOであるCIAC(Council for Indigenous Arts and Culture: NGO, NPO)の会長として精力的に活動を行っています。また、ズニ政府の依託機関であるZCAC(Zuni Cultural Arts Council)の代表者としてズニのローカル作家の権利擁護の運動にも1992年から携わっています(この機関がズニ・エキスポを企画・運営している)。その他にも様々な場でズニの作家の知的財産権保護に向けた実践を行っているリーダーです。

 一方、奥さんのオラは、ドン・デワや故アンドリュー・デワといったズニの有名作家を兄弟に持つ生粋のジュエリー作家です。彼女のインレイはとても細かなデザインと女性らしい稀少石の組み合わせのために女性に多くのコレクターがいます。ジュエリー作家としての顔を持つほかに、5人の子供の母親でもあり、5人の孫も抱えるビッグ・ママです。

 ズニの彼らの自宅に何泊かさせてもらったことがあります。トニーとは夜中まで語り合い、オラには手料理を食べさせてもらったり洗濯物を洗ってたたんでいただいたり、そして彼らの子供たちとは人形を一緒に作ったり、「風雲たけし城」を一緒に見て笑ったりと、まるで家族のように接してもらっています。日本の私の家族からもプレゼントを贈るなど、家族ぐるみの付き合いをしている作家です。

*******************************************

☆委託作品の一覧

2010年度

委託作品OE09-019 Ola Eriacho


委託作品OE09-033 Ola Eriacho


委託作品OE09-023 Ola Eriacho


委託作品OE09-202 Ola Eriacho


委託作品OE09-206 Ola Eriacho


委託作品OE09-214 Ola Eriacho


委託作品OE09-212 Ola Eriacho


委託作品OE09-218 Ola Eriacho


委託作品OE09-103 Ola Eriacho


委託作品OE09-131 Ola Eriacho


委託作品OE09-106 Ola Eriacho


委託作品OE09-205 Ola Eriacho




2009年度

委託作品OE09-001 Ola Eriacho
委託作品OE09-001 Ola Eriacho


委託作品OE09-002 Ola Eriacho
委託作品OE09-002 Ola Eriacho

委託作品OE09-003 Ola Eriacho
<br />委託作品OE09-003 Ola Eriacho


委託作品OE09-004 Ola Eriacho
委託作品OE09-004 Ola Eriacho


委託作品OE09-005 Ola Eriacho
<br />委託作品OE09-005 Ola Eriacho


委託作品OE09-006 Ola Eriacho
<br />委託作品OE09-006 Ola Eriacho


委託作品OE09-007 Ola Eriacho
委託作品OE09-007 Ola Eriacho


委託作品OE09-008 Ola Eriacho
委託作品OE09-008 Ola Eriacho


委託作品OE09-009 Ola Eriacho
委託作品OE09-009 Ola Eriacho


委託作品OE09-010 Ola Eriacho
委託作品OE09-010 Ola Eriacho


委託作品OE09-011 Ola Eriacho
委託作品OE09-011 Ola Eriacho


委託作品OE09-012 Ola Eriacho
委託作品OE09-012 Ola Eriacho


委託作品OE09-013 Ola Eriacho
委託作品OE09-013 Ola Eriacho


委託作品OE09-014 Ola Eriacho
委託作品OE09-014 Ola Eriacho


****************************************************

2008年度

委託作品2008-001 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-001 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-002 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-002 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-003 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-003 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-004 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-004 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-005 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-005 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-006 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-006 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-007 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-007 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-008 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-008 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-009 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-009 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-010 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-010 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-011 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-011 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-012 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-012 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-013 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-013 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-014 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-014 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-015 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-015 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-016 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-016 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-017 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-017 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-018 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-018 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-019 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-019 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-020 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-020 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-021 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-021 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-022 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-022 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-023 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-023 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-024 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-024 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

委託作品2008-025 Tony&Ola Eriacho
委託作品2008-025 Tony&Ola Eriacho委託期間終了

****************************************************

2007年度

委託作品2007-001 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-001 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-002 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-002 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-003 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-003 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-004 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-004 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-005 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-005 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-006 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-006 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-007 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-007 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


委託作品2007-008 Tony&Ola Eriacho
委託作品2007-008 Tony&Ola Eriacho委託期間終了


問い合わせはこちらからどうぞ

******************************************************************


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/52-fc2c75af
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。