--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「先住民族の10年市民連絡会」主催のセミナー

2007年10月31日 06:30

11月07日(水曜日)
フェイク問題に関する一般用セミナー
会場:アイヌ文化交流センター(東京駅より徒歩)


******************************************************************* 

セミナータイトル
 
「先住民族の知的財産保護とアートの模倣問題
-アメリカからズニとホピのジュエリー作家を迎えて-」
 


日時

11月07日
午後6:30-8:30 


会場

「アイヌ文化交流センター(東京)」 
最寄り駅:東京駅


話者

トニー・エリアッチョ
アーヴィン・テイラー
イトウアツノリ
の三名になる予定


その他

資料代:500円(先住民族の10年市民連絡会
どなたでも参加可
主催団体「先住民族の10年市民連絡会


先住民族の10年市民連絡会
セミナー 先住民族の知的財産保護とアートの模倣問題
~アメリカからズニとホピのジュエリー作家を迎えて~

「インディアン・ジュエリー」は日本でも人気です。アメリカの先住民族の中でも、とくにホピ、ズニ、ナヴァホのアクセサリー類や、籠細工、陶器、カチーナ人形などの工芸品は有名です。しかし、これら先住民アートは、模倣されて市場に出回っている率も高いのです。アメリカでは「インディアン美術工芸法」によって、アメリカ先住民製を騙る模倣品販売を禁ずる法律があり、国内で保護されているとはいえ、非アメリカ先住民製の模倣品は後を絶ちません。 当のジュエリー作家は、この模倣問題をどう考えているのでしょうか。
先住民族の知的財産保護とは一体どのようなことなのでしょうか。ズニとホピのジュエリー作家をお迎えして、お話をうかがいます。滅多にないこの機会をぜひお見逃しなく。

お話:
トニー・エリアッチョ(先住民族美術文化会議議長など/ズニ政府登録成員)
アーヴィン・テイラー(ジュエリー作家/ホピ政府登録成員)
伊藤敦規(東京都立大学大学院生、国立民族学博物館特別共同利用研究員)
*通訳あり

日時:2007年11月7日(水)午後6時半~8時半

会場:アイヌ文化交流センター東京都中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲3階
電話:03-3245-9831
東京駅八重洲南口徒歩4分、八重洲ブックセンター脇入る
http://www.frpac.or.jp/prf/c_map.html


資料代:500円

*予約不要。どなたでも参加できます。

主催・問合せ:先住民族の10年市民連絡会事務局
電話・ファックス:03-5932-9515
E-mail:indy10-Lj@infoseek.jp

*******************************************************************



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/65-f99f7a17
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。