--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーヴィン・テイラーからのメッセージ

2007年09月21日 08:55

日本の方々に向けた挨拶文と模倣品問題に関するメッセージが届いています

*******************************************************************

Self-Introduction to Japanese customers,---

Hello, My name is Alvin Taylor and I am from the Hopi Tribe. I am from the village of Shungopavi in Second Mesa, Arizona. I have been doing silversmithing for around 20 years. I am basically self taught but I do give some credit to Clifton Mowa. I also took some classes from Roy Talahaftewa a couple of years ago and those were wax carving and stone setting.
The two techniques I use most are overlay and tufa casting. Overlay is a process where two sheets of silver or gold are used. The topsheet is cut with designs and soldered to a solid sheet of silver. It is then matted (textured by hand hammering little indentation with small chisel like tools). The piece is then formed and the findings put on and oxidized. It is then buffed and polished.
In tufa casting, Tufa is used (rock that may be a volcanic by product). They are cut into blocks and mated. One side is then carved with a design and a sprue hole is also carved along with some air vents. The blocks are then dusted with soot and tied together. The silver is then melted in a crucible and poured into the tufa. The blocks are then untied and opened revealing the piece. It is cleaned and findings put on and wire brushed for the final finish.
Stone can be incorporated in both overlay and tufa cast pieces. Also overlay and tufa casting can be combined in a piece of work. I also sign all my work with my mark.


日本の方々への自己紹介:
「こんにちは。私はアーヴィン・テイラーといいます。ホピ・トライブに属しております。出身はアリゾナ州、セカンド・メサのションゴパヴィ村落です。ジュエリー制作をかれこれ20年近くしています。基本的には独習でしたが(ホピの)クリフトン・モワにも教わったことがあります。(ホピの)ロイ・タラハフテワからも数年前にワックス技術とストーン・セッティング技術を学びました。
私がもっともよく使用するジュエリー制作上の技法は、オーバーレイとトゥファ・キャストです。オーバーレイは二枚の銀板または金板を使用します。(二枚のうち)上部に使う一枚はデザインに沿って切り落とし、銀鑞(はんだのようなもの)で(もう一枚に)接合します。その後、つや消し処理が行われます(小さな釘のような道具を手作業で打ち付け、くぼみを作ります。テクスチャー加工)。作品はこの段階で成形され酸化させます。さらに研磨して磨きます。
トゥファ・キャストについて。トゥファには溶岩によってできた岩を用います。岩を削り、二つの岩を組み合わせます。片側の岩はデザインを施して削りだし、熱した空気を逃がす空気穴も空けます。さらに煤を除いてきれいにし、二枚の岩を組み合わせます。ここでるつぼで溶解した銀をトゥファに注ぎ入れます。(自然冷却後)岩をはがし、凝固した銀を取り出します。ヤスリがけをしてきれいにした後、細いワイヤーブラシで磨き完成です。
(トルコ石やラピス、珊瑚といった)石をセットする技術は、オーバーレイ、トゥファ・キャスト双方に応用されることもあります。オーバーレイとトゥファの二つの技法が一つの作品で用いられることもあります。すべての作品には(ホールマークと呼ばれる)作家のサインを刻印します。」






I need the copyright because---

Too many authentic pieces are being copied and pirated by un-scrupulous people and the imitations can hurt the original artist's reputation. It also diminishes the value of authentic works. A lot of mass produced pieces are out there and unsuspecting customers are being led to believe they are getting authentic pieces. This not only hurts the customer but the artist as well.


私は著作権を必要とします。なぜなら:
「真正な作品の多くが心ない人々によってコピーされ、著作権侵害されており、模倣品が原作家の名声を傷つける可能性があるからです。それは同時に真正な作品の価値をも減少させます。世の中には多くの大量生産された商品が存在し、疑問を持たない消費者はそれらが本物であると信じ込まされてしまいます。こうした行為は、消費者を騙すと同時に、作家へもダメージを与えるのです。」




※私からのコメント
アーヴィン・テイラー
は自己紹介にオーバーレイとトゥファ・キャストの技法について詳しく書いてくれました。著作権については、「私たちは・・・」という表記をあえてせずに「私は・・・」という一人称で自身の意見を述べてくれました。コピー問題では、経済的な損害を主張する作家が多い中、作家の「名声を傷つける」というコメントを残しています。

*******************************************************************


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hopizuni.blog117.fc2.com/tb.php/68-85fdca13
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。